小林の箱

不定期で投稿します。

電車に乗って適当に降りた街を散歩しよう!

こんにちは、小林です。

早速ですが、皆さんは『人気なブログ』とはどんなものだと思いますか?グルメブログや映画ブログなど色々ありますよね。

そんな僕もブロガーもどきの端くれ、たくさんの人に自分のブログを読んでもらいたい!と常日頃考えています。

ということで昔から人気のあるジャンル、そう『旅ブログ』をやるぞ!!!!!!!!

f:id:Misogi:20201123104107j:image

と言っても現在の社会情勢では海外への渡航は不可能。だから電車でちょっと離れたとこ行きます。

f:id:Misogi:20201123104511j:image

f:id:Misogi:20201123104522p:image

小林

低身長。最近健康診断に引っかかった。

f:id:Misogi:20201123104614j:image

Sくん

ロック・リーみたいな髪型をしている。中学生の時に映画館に行った際、チケットを切る人に「中学生ですか?」と聞かれるくらい老け顔。

f:id:Misogi:20201123104727p:image

Kくん

P-MODELが好き。ユーモアの毒が強く、僕に「お前の葬式だもんな」と言って場を凍りつかせたことがある。

f:id:Misogi:20201123104859j:image

Sくん「俺が目をつぶってイヤホンガンガンにしてピンと来た駅で降りるってやつやりたい。」

小林「いいけど、この企画やりたいって言い出したの君なんだから交通費とか請求しても文句言わないでよ?」

Sくん「うんこうんこ」

小林「はぁ?」

すねを蹴りたくなりました。

Sくん「よし、イヤホンを付けてっと...」

f:id:Misogi:20201123105009j:image

Kくん「実際やってるの見ると結構やばい人に見えるな。電車降りたい。」

小林「確かに、どうする?置いてく?」

Sくん「.......」

Kくん「そういえばこいつ聞こえてないのか。」

Sくんが一時的に聴覚を失っているので僕とKくんは彼に言えないような話やどうやってSくんを撒こうかという話をしていました。

〜〜数十分後〜〜

Sくん(よし!ここだ!)

小林「お、Sが手を挙げた。」

Kくん「降りるか。」

Kくん「えっと駅名は...」

小林・S・K「「「たけさと???????」」」

f:id:Misogi:20201123105210j:image

まさかの全員が知らない駅に降りてしまいました。ここでは右も左も分かりません。異世界に飛ばされた人の気持ちがわかった気がします。

小林「ホームから街の様子が少し見えるんだけど...なんか嫌な予感がする。」

Sくん「とりあえず改札を出よう。」

 

Kくん「うん、なんもないね。」

f:id:Misogi:20201123105337j:image

見渡す限りではチェーン店も見当たらない駅前。ビル名や店名が多く、モザイク処理しすぎた結果、建物すらよく見えなくなりました。

Sくん「とりあえず歩いてみるか」

歩くこと十数分

知らない名前のスーパーや明らかに老舗であろう呉服店はありましたが、その他は住宅以外何もありません。

歩いている間に3人からでた「何も無い...」というフレーズはこの日だけで1000を超えました。

Sくん「お!やっと見つけた!」

f:id:Misogi:20201123105508j:image

Sくん「公園だ!」

駅から徒歩約20分程でやっと公園を発見しました。

小林「これだけ歩いてもレジャー施設が一つしかないとは。」

S・K「「ブランコがあるぞ!」」

f:id:Misogi:20201123105529j:image

小林「.....」

f:id:Misogi:20201123105553j:image

小林「.....」
f:id:Misogi:20201123105549j:image

小林「すごいなこの画。」

小林「でも高校生にもなってブランコって人目気にするのに、よく君らは躊躇なく遊べるな。」

〜5分後〜

f:id:Misogi:20201123120855j:image

ブォン!ブォン!

小林「ギャハハハハハハハハハ!!!!!」

Kくん「やば」

Sくん「頭おかしくなったのか。」

小林「俺ブランコ得意なんだよね。」

K「履歴書に書けるんじゃない?」

S「どこのだよ。」

K「次はすべり台で遊ぶか!」f:id:Misogi:20201123121250j:image

              何?

この後1時間遊び尽くした僕達は疲れ果てたので大人しく帰りました。ブランコは就職するときに記入しようと思います。

f:id:Misogi:20201123121402j:image

武里の皆様へのお詫び

先程まで散々「何も無い」と言っていましたが、公園では目一杯楽しませていただきました。本当に申し訳ございませんでした。

 

許せないこと

投稿が普段より遅くなってしまい、申し訳ありません。(読んでくれてる人あんまいないけど)

普段通りならブログサイト側が「もう1ヶ月経つけど、ブログ書かないの?書けよ。」といったメールをよこしてくるので、そのタイミングで書いて投稿していたのですが何故か今月に入ってからメールが来なくなったのでブログの方を放っておいてました。これからはちゃんとやります。

 

こんにちは、小林です。

皆さんにもこの世に許せないことの一つや二つありますよね?

f:id:Misogi:20200811215454j:image

僕の心はウユニ塩湖のように広く、透き通っているので『許せない』なんて出来事はそうそう起きません。

そんなウユニ塩湖マインドを持つ僕にも、数年前『許せないことTOP10』に入る許せないことがあったのです。

 

それは高校1年生の身体測定の日のことでした。僕の学校は人数がハチャメチャに多かったのでクラスの中でグループが自動的に作られていて、そのグループで測定する場所を転々と周回するというルールがありました。

既にいくつか周り「あと少しで帰れる...」と思っていたとき待合教室に野球部のやつら4人(知らない人)が先に待機していました。

f:id:Misogi:20200811213620p:image

僕の学校の野球部員は、基本的に野球の推薦で入学した『あまり頭が良くない人』いわゆるバカが多かったので待合教室でも、眉毛だけ真っ黒のジジイかよと思うくらい大声で喋ってました。(全国の眉毛だけ真っ黒の高齢者の方すみません。)

とりあえず僕達はその野球部の後ろに並んで、最後の測定を待っていました。そのときです。

前に並んでいたバカな野球部がこんな話をしていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「知らない人に急に「しりとり」って言ったら面白くね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

           は?

 

そんな話が聞こえた直後、野球部員は僕にめがけ「しりとり」とバトルを仕掛けてきました。

僕自体『内輪ノリで知らない人達に矛先を向ける』というものが苦手で、しかもその被害者になるのが許せないのです。『許せないこと』結構ありました。

しりとりを仕掛けられた瞬間、僕は

「くっっっっっっっっそつまらねぇ!!!!!」と思い徹底的に無視をしていました。

これで僕だけがスベって野球部に「こいつイッちゃってるんすよwww」みたいなことを言われることは無くなりました。

すると野球部員達は「無視されたわwww」と笑っていました。僕は「なんなんだお前ら、一生ボール磨きしてろよ」と割とガチで思いました。

 

これが僕の許せないことです。皆さんもこんなことされたらブチ切れして野球部員の坊主頭でステンレスとか磨きたくなりますよね?

「お前の心ウユニ塩湖じゃなくて水溜まりじゃねぇか」とか言わないでくださいね。

そしてこのブログを読んでくれている野球部員の皆さん、すみません。この話は決してこれを読んでいるあなたの事を言っているわけではないので.....すみません。

 

では、次の更新もよろしくお願いします。

 

 

おねしょの話

こんにちは。

皆さんにお聞きしたいのですが、おねしょって最後にいつしましたか?これは変態のそれではなく、純粋に疑問なので知りたいのです。

f:id:Misogi:20200615180728p:image

僕の友達のお父様は小学6年生までオムツをつけていたと言っていましたし、あの一流アイドルの二宮和也さんは「最後におねしょをしたのは18歳の時だ」と仰っていました。

 

かく言う僕も、最後におねしょをしたのは12歳です。ちゃんと12歳の量でした。

今回はそのおねしょ事件の経由(夢で見た事)を書き記したいと思います。

 

あの日、僕は夢の中で陣内智則さんのネタを一人称視点で見ていました。

自分で書いていても「は?」という感じなので詳しく説明すると、『陣内智則さんがツッコミを入れている大画面で映されている映像の中の人』の視点です。(ネタは陣内さんがゲームをするというものでした。)

 

ネタが進むに連れて場面が変わり、画面の中の人がトイレに入りました。f:id:Misogi:20200620192903j:image

ネタでは基本的に陣内さんの言うことに逆らうのでトイレに来ても用を足しませんでした。

しかし、陣内さんも負けじと声を荒らげます。

陣内さん「おしっこするの〜〜!!!!!」

この言葉で僕は半分起きた状態になり、下腹部の部分が温かくなりました。

僕「ん...うん?夢か...いやちょっと待て!!!」

尿を止めた時には既にパンツとズボンとベッドのシーツには大陸が描かれていました。それはもう王国とか出来てるんじゃないかというくらい大きかったです。

 

ベッドから降り、即トイレに駆け込んで残り汁を本来出すべきところに出したあと母親に

「おしっこひっかけちゃった」

と言いました。

母は

「ひっかけたって量じゃなくね?」

と痛いところを突いてきました。それからおねしょに関しての話は上がっていません。

 

皆さんも陣内智則さんのネタを見る夢を見た時は注意してください。ベッドに世界を描いてしまっているかもしれません。

 

 

ブロッコリーは色が濃いものを選ぶといいらしいですよ。

こんにちは。

 

早速ですが、皆さんは家でどんな生活を送っていますか?

中には積読していた本を読み漁っている方や見たかった映画を観漁っている方もいらっしゃると思います。

僕は今日も今日とてブロッコリーを切っては茹で、切っては茹でというモーションを繰り返しています。

f:id:Misogi:20200516010553j:image

↑宣材写真です

ただ、それだけです。

 

話は変わりますが、皆さんは某アンビリバブルな番組を見ていますか?

先日その番組を見ていたところ、「人が火事の時に煙を吸い込んでしまうとこうなる」といった再現画像が番組内で使われていました。個人的に面白いと思ったのでその再現画像を自分なりに再現しました。f:id:Misogi:20200516010856j:image

なんとなくよく分からない感じにシンパシーを感じたので未来永劫この画像は残しておくことにします。

 

 

ジム行く時はホームページとか見てから行こう。

去年の夏頃、スポーツジムに出かけた際に映画やアニメでありそうな「コンクリートに落ちている花」を見つけたので撮りました。

f:id:Misogi:20200409145653j:image 

f:id:Misogi:20200409145658j:image

ちなみにスポーツジムは休館日でした。

難民放浪記

これは僕の愛読書である「ご注文はうさぎですか?」を買いに行ったときの話です。

皆様のお気に召せば幸いです。

 

朝7時5分、今朝は自然に目が覚めた。いつもは起きたがらないこの体だが今日は違う。

そう、今日は「ご注文はうさぎですか?」最新刊の発売日なのだ。

ベッドから飛び起きた僕は軽快なステップでトイレへ向かう。いつもより尿勢(尿の勢い)が良い気がする。トイレから出て早めに朝食を済ませ、制服に着替える。

学校での生活はお預けをさせられているようで苦しかった。最後の授業で自分の黒歴史を掘り返され、やっと学校が終わる。

下校時は興奮が抑えきれずキモオタみたいなテンションで歩いていた。すると突然頭に水がかかった。前方を見ると口にお茶を含んだ男、佐藤くんがいるではないか。もう頭の半分を濡らされてしまった。これではKoi様やラビットハウスの皆様に合わせる顔がない。

僕は彼の攻撃を避けながら商店街に出た。徒歩約10分、もうすぐで我がホームに到着する。家に着くと例により軽快なステップでトイレに駆け込み、出すものを出してトイレを出ると身を清めるためシャワーを浴びる。

「とにかく早く出発しなくては」と僕が僕を焦らせる。家を出発した瞬間に僕は無意識に走り出した。週に一度しかちゃんとした運動をしない僕に『走る』という運動は苦でしかないがごちうさのためならそれが苦ではなくなる。そして店前の横断歩道に着く。

ここは田舎ではないので車はそれほど走っている。僕は逸る気持ちを抑え、車が通り過ぎるまで歩道で待った、心がピョンピョンどころか冥府にピョンピョンしてしまっては元も子もない。

横断歩道を足早に駆け抜けると、もうゴール「よむよむ」だ。ついこの間外国人の知り合いであるダニエルが「read read」と言っていたのを思い出した。

入店すると新刊コーナーに走り出す、無い

「無い!!!!????」心でそう叫んだ。

おおおおおちつきなさい!?心が静まるハーブティよ! シャロちゃんの方が動揺してるみたい...

この一連の流れは男で、ましてや友達がいない僕に出来るはずもなく店内を探すことにした。「しょうがない、大判コミックコーナーに行ってみよう」そう歩き出した僕の目の前に『それ』はあった。

「あった!!!!!!」そう心で叫んだ、

おおおおおちつきなさい!?心が静まるハーブティよ!シャロちゃんの方が動揺してるみたい...

先程も書いた通りこの一連の流れは男で、ましてや友達がいない僕には出来る代物ではない。心を落ち着けレジに持っていく。

「918円です」決して若くない女性店員が告げ、1000円を出し82円のお釣りを受け取る。そして行きつけの整骨院へ入る。興奮が止まらない。とりあえずうんこくん(友人)に連絡してみた。そこであることを思いついた。それが「一日を言葉で表す」だ。自分で構成を練るなんて高度な技術は持ち合わせていない私はなんてことをしてしまったのだと思った。

診療を終え、家に帰り本を開く。

その時、私は一生分の感謝を伝えた...

 

如何でしたでしょうか。

文章を書くということ自体初めてなので文の構成などで気になってしまう点などがあると思います。

不定期ではありますがこれから投稿を続ける所存でございます。